手描き絵付けは、白磁に筆を用いて自由に描きます。
日常の食器やインテリアとしてもご利用いただけます。
絵付けとは、釉薬(ゆうやく)をかけた陶磁器の上に陶磁器用の絵の具を使って絵を描く工程です。
主として粉状になっている陶磁器用の絵の具を油性または水溶性メディウムで描きやすい濃度に溶き、丸筆や平筆を用いて自由に絵を描きます。
描き終えた器は電気炉で焼成します。焼成は1~5回繰り返し、思い描いた作品に仕上げていきます。
盛りや金彩等の装飾も楽しめます。

amicone_TE_TOP.png

Porcelain

Painting

手描き絵付けについて

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

Process

手描き絵付け作品ができるまで

STEP 01

白磁に筆で絵を描く

amicone_TE_PR_01.png

STEP 04

焼成

amicone_PO_PR_04.png

STEP 02

焼成

amicone_PO_PR_04.png

FINISH

1~5回ほど繰り返して完成!

amicone_TE_PR_03.png

STEP 03

焼成した白磁に追加で描く

amicone_TE_PR_02.png
amicone_point01_S.png