amicone_tensya02_.jpg

単色転写紙

通常カラータイプ

amicone_back1.jpg

柄転写紙

パターン

amicone_54.jpg

変わり転写紙

クリンカー

amicone_55.jpg

ガラス用転写紙

パターン

転写紙はシルクスクリーン印刷で作られております。
シルクスクリーン印刷とは、版画の一種です。
転写紙の構成は、下から台紙、水溶性のり、絵柄、カバーコードです。

株式会社日本ヴォーグ社 日本キルンアート協会 テキストより

Transfer

Paper

転写紙について

 

転写紙または絵付けをした後に、電気の窯で焼くことを焼成(しょうせい)といいます。
通常は800℃前後で焼成しますが、転写紙・陶磁器用の絵の具の色・
金を含むもの・ラスターを含むもの等で焼成温度が変わってきます。

また、焼成回数とともに温度を下げて計画的に制作します。

窯入れから焼成を終え、窯出しするまで(800℃前後まで上げ、800℃から常温に下がるまで)だいたい半日以上はかかります。

Firing

焼成について

渋谷 amicone

​ポーセラーツ&絵付けサロン・ショップ

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル8F

Tel 03-3463-0488  / Fax 03-3496-4487

 レッスン(要予約 ) 

月・金・土曜日 10:00~17:00 (最終受付15:00)

  アクセス  

『渋谷駅』ハチ公口駅徒歩5分・3番出口徒歩3分

amicone_chizu_0603.png

©amicone all rights reserved.